Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリおなかライフ

2018年9月5日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消に青汁は効果ある?飲むタイミングについても調査!

便秘解消に青汁って効果があるのでしょか?

普段は野菜不足を補う目的で飲んでいます。

成分によっても便秘解消に違いがあるか、飲むタイミングについてもまとめてみたいと思います。

 

 

便秘解消に青汁は効果ある?

 

sarangib / Pixabay

 

青汁は野菜不足に補うために食後に飲んでいます。

普段から野菜をあまり食べていない人には、不足している栄養を補うのに効果的な青汁です。

体にいい青汁ですが、栄養補給を補うために飲むのであれば、朝に青汁を飲むのがいいと言われます。

 

朝に青汁を飲めば栄養を吸収してくれます。

食欲がない時でもコップ1杯で手軽に栄養を補給することができます。

 

青汁のビタミンCやEは体の疲れを軽くします。

さらにビタミンAや葉酸は美肌に効果的です。

 

飲むタイミングについても調査!

kaiapapaya / Pixabay

 

 

青汁を飲むのはいつでも構いません。

便秘解消に青汁を飲むのであれば、朝に飲むのがいいとも夜に飲むのもいいとも言われています。

睡眠中で空っぽの胃の中に青汁の成分が入ることで、腸内が刺激されます。

大麦若葉や明日葉には、食物繊維が豊富に含まれています。

 

腸内環境を整える働きを感じるためには、青汁は1か月は続けて飲むのがオススメです。

青汁を飲むなら寝る前に飲むようにしてください。

青汁には水溶性の食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく入っています。

寝る前に青汁を飲むと腸内環境が整えられます。

 

まとめ

 

青汁には食物繊維が含まれているので、便秘解消に効果的です。

続けて飲むのがオススメです。

朝に飲むと青汁の栄養が吸収されますし、夜に飲むと就寝中に腸内環境が整えられます。

便秘解消に効果的なのは、夜に飲む方がよさそうですね。

参考にしてみてください。

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

2018年9月3日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消にキウイがいい?食べるタイミングや量について

キウイフルーツは、便秘解消にいいということが言われていますよね。

実際に食べてみましたが、食べるタイミングはいつでもいいの?

またキウイを食べる量についてもまとめてみたいと思います。

 

 

 

便秘解消にキウイがいい?

stevepb / Pixabay

 

テレビで便秘解消にキウイを食べると良いと言っていました。

なぜでしょうか?

キウイには食物繊維が含まれていますが、バナナの3本分もの食物繊維が豊富に含まれていることがわかりました。

便秘解消に食物繊維を摂取することは大切なことは知っているかと思います。

 

食物繊維は、便をやわらかくしたり、かさを増やします。

腸を刺激して、ぜん動運動を活発にします。

腸内の善玉菌を増やし、調子を整える働きをします。

 

乳酸菌は善玉菌のエサとなります。

食物繊維と乳酸菌は一緒に摂ることで、便秘解消の効果がアップします。

 

 

便秘になる理由としては、運動不足やダイエット、食物繊維不足やストレス、病気などがあります。

運動不足で筋肉の量が減り、特に腹筋が弱くなると便を押し出す力も弱くなってしまいます。

ダイエットで食事制限をすると、胃腸の働きが弱くなって便秘になりやすくなります。

食物繊維が不足すると、便のかさが少なくなって便秘になります。

食物繊維が不足すると便やおならが臭うようになってきます。

 

 

食べるタイミングや量について

 

 

キウイを食べるタイミングは、朝にヨーグルトとキウイを一緒に食べたり、3食の食事の中で食べます。

1日に1個以上でOKです。

食後のデザートに食べる人もいます。

しかし、朝にキウイを食べるとビタミンCが含まれているので、日焼けをしやすくなります。

 

 

夜に食べると太りにくくなるとも言われています。

冷やしたキウイよりも常温のキウイの方が効果があるといいます。

食前にキウイと水を一緒に摂取すると、食べ過ぎを予防することができます。

夜に、食べ過ぎてしまうという方は試してみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

キウイには便秘解消効果が期待できるうえに、ダイエット効果もあることがわかりました。

朝に食べると便秘解消効果がアップするのですが、日焼けがしやすくなるので気をつけたいですね。

また、寝る直前のキウイは消化しきれずに寝ることになるので、寝る1時間前には食べておきましょう。

 

腸内環境を正常にするのは、午前0時です。

消化活動がもっとも活発になります。

キウイを食べ過ぎるとおなかがゆるくなったり、アレルギー反応が起こったりしますので、

注意が必要です。

参考にしてみてください。

 

 

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

2018年9月1日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消にアーモンド?食べ方や組み合わせについて調査!

便秘解消にアーモンドがいいみたいなのですが、なぜアーモンドがいいの?

食べ方や組み合わせなどはあるのでしょうか?

便秘解消につながるかを調査してみたいと思います。

 

便秘解消にアーモンド?

Free-Photos / Pixabay

 

 

便秘解消にアーモンドがいいて知っていますか?

普段、アーモンドは食べないのですが、なぜアーモンドが便秘解消にいいのでしょうか?

調べてみると、アーモンドにはマグネシウムが含まれています。

 

病院でも便秘だと処方されるのが、酸化マグネシウムです。

そのマグネシウムが含まれているんですね。

その他にも、食物繊維やビタミンE、オレイン酸などが老化物質や糖質、脂質を便として排出する働きをしてくれます。

 

 

アーモンドの食べ方

 

1日に食べるアーモンドの量は10粒ほどです。

朝にアーモンドを食べるのが効果的だといいます。

朝食を抜いている人も何も食べられない場合でも水は飲むようにします。

 

アーモンドの組み合わせについて

 

朝にアーモンドを食べると便秘解消によいと聞いて驚きましたが、さらに便秘解消効果をアップさせる方法がありました。

それは、炭酸水をアーモンドと一緒に摂取するというのです。

炭酸水とアーモンドの組み合わせで、腸を刺激して排便をうながします。

 

その他にも、今話題のアーモンドミルクを飲むのもよさそうです。

1パックにアーモンドが6粒分を摂取することが可能です。

アーモンドをそのまま食べるのが苦手な方は、トーストにアーモンドをちらしてみたり、

胡麻和えにしたりと工夫して食べるようにしましょう。

 

まとめ

アーモンドには便秘解消効果があることがわかりました。

アーモンドに含まれる食物繊維やビタミンE、オレイン酸などが、排便をうながします。

さらに効果をアップさせるには、朝に炭酸水と一緒に10粒ほどのアーモンドを食べると便秘解消につながります。

便秘症の芸能人がこの方法を試して、3日目にはお通じがあったといいますので、即効性はわかりませんが、

便秘で悩んでいる人は試してみる価値はありそうです。

参考にしてみてくださいね。

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

2018年8月31日
から onakasukkiri
0件のコメント

らっきょうは便秘解消効果あり!食べすぎは注意?食べる量について

らっきょうって便秘解消に効果があると聞きました。

らっきょうの何がお通じによいのでしょうか?

また、食べ過ぎると良くないというのですが、1日に食べる量についてもまとめてみたいと思います。

 

 

らっきょうは便秘解消効果あり

 

らっきょうには便秘解消に効果があるというのですが、本当でしょうか?

普段かららっきょうを食べる習慣はなく、カレーについていると、たまに食べる程度でした。

自宅の冷蔵庫には、母が作ったらっきょうがビンに入って常備してあります。

 

らっきょうに便秘解消効果があるなら、今すぐにでも食べることができる環境でした。

そこで、らっきょうについて調べてみました。

すると、らっきょうには、食物繊維が含まれていることがわかりました。

 

らっきょうに含まれている食物繊維は、水溶性の食物繊維だということがわかりました。

水溶性の食物繊維は、便をやわらかくする効果があります。

さらに、100g中に含まれている食物繊維が、野菜の中ではダントツでした。

ごぼうでさえ2.3gなのに、らっきょうは、20.7gもありました。

それなら、さっそく始めてみようかなと思いました。

 

らっきょうの食べすぎは注意

 

Pexels / Pixabay

 

さっそく、らっきょうを食べて便秘解消に効果があればいいなと思ったのですが、実は、らっきょうの食べ過ぎは危険だというのです。

何がいけないのか調べてみました。

すると、らっきょうを食べ過ぎると胃の粘膜を刺激しすぎるというのです。

その結果、胃もたれを起こすことがわかったので、体に良いとはいえ、食べ過ぎには注意しなければいけないと思いました。

 

 

らっきょうの食べる量について

nile / Pixabay

 

らっきょうを食べ過ぎると胃の粘膜を刺激してしまうので、胃もたれを起こすと言います。

それでは、らっきょうはどの程度を食べれば問題ないのでしょうか?

1日に食べる目安としては、1日に3個程度を食べるのがよいことがわかりました。

小さいらっきょうなら5個程度は大丈夫のようです。

 

おわりに

 

らっきょうは食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性の食物繊維が他の野菜と比較しても、ずば抜けて多く含まれていることがわかりました。

その結果、便秘解消に効果が期待できます。

1日食べる量も3個程度なら問題ないようなので、さっそく試してみようと思います。

 

 

 

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

 

2018年8月29日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消にキウイは効果ある?組み合わせの食べ方やレシピについて

便秘解消にキウイがいいとテレビで放送していました。

組み合わせれば効果がアップする食べ方やレシピについてもまとめてみたいと思います。

 

便秘解消にキウイは効果ある

AliceKeyStudio / Pixabay

 

最近のテレビで、「便秘解消にキウイがよい」と知りました。

キウイの何がいいの?

というと、キウイには食物繊維が含まれています。

食物繊維の中でも、水溶性の食物繊維が含まれているんです。

 

この水溶性の食物繊維は、硬い便をやわらかくする効果があります。

便秘というと、便が硬くて出にくくなっていることが多いので、便をやわらかくすることが大切なんです。

 

キウイの食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える働きをしてくれます。

だから、キウイを食べると便秘解消につながるというわけなんですね。

 

 

組み合わせの食べ方

 

便秘解消に効果のある組み合わせは、乳酸菌と食物繊維、オリゴ糖やオリーブオイルなどです。

食物繊維は善玉菌を増やします。

乳酸菌は腸内を酸性にする働きがあります。

さらに大腸を刺激して腸内を活性化します。

 

たとえば、ヨーグルトの乳酸菌とキウイの食物繊維を組み合わせれば、善玉菌を増やすことにつながります。

また、おくらの食物繊維とキウイの食物繊維、オリーブオイルは便をやわらかくする働きがあります。

 

 

キウイとヨーグルトの組み合わせやキウイとオクラの組み合わせが良さそうです。

その理由は、食物繊維の食材と乳酸菌の組み合わせで便秘を解消する効果がさらにアップするからです。

 

食物繊維が腸内の乳酸菌を増やす働きをしてくれるからです。

乳酸菌を増やすということは、腸内環境を良くするということにつながります。

普段の料理も善玉菌を増やす食材を意識して食べるようにしましょう。

 

 

キウイのレシピ

 

 

クックパッドには、キウイを使ったレシピがたくさんありました。

TVでキウイとオリーブオイル合体が
便秘解消に最適ということで、おはなすきさんのレシピを紹介します。

 

材料

キウイ(ゴールドを使用)1個
オクラ一袋
オリーブオイル(炒め用と和え用) 適量
塩胡椒適量

作り方

1
粗熱がとれたオクラと食べやすくカットしたキウイを器に盛り付けオリーブオイルをかけ出来上がり。

2

オクラは縦半分にカット。
オリーブオイルで軽く焼く。塩胡椒をする。

 

 

キウイとオリーブオイルを試したら、1週間で便秘解消に効果があったそうです。

 

まとめ

 

キウイには食物繊維が含まれているので、便が硬い人には効果が期待できそうです。

さらに効果をアップさせるオリーブオイルをかけると、1週間で便秘解消効果があったという結果もありました。

腸内環境を良くするためには、日ごろから乳酸菌を摂取したり、善玉菌を増やす食物繊維を摂ったり、便をやわらかくするオリーブオイルなどを意識することが大切です。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

乳酸菌サプリで便秘を解消できる?ビフィズス菌でお通じ改善!

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

 

2018年8月28日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消に乳酸菌!さらに効果をアップする組み合わせは?

便秘解消にいいと言われている乳酸菌ですが、ヨーグルトがいいと言われて食べても効果が感じられませんでした。

なぜ?

実はその理由があったんです。

さらに、乳酸菌の効果をアップさせる組み合わせについてもまとめてみたいと思います。

 

 

便秘解消に乳酸菌

 

xusenru / Pixabay

 

便秘を解消する方法として、乳酸菌を摂取しているという人も多いかもしれません。

乳酸菌というと、ヨーグルトが手軽に食べることができますよね。

乳酸菌は、体の腸に届くと、乳酸を作ります。

腸内環境を整える働きや善玉菌を増やす役割をします。

 

乳酸菌=ヨーグルトと思って、毎日ヨーグルトを食べていたのですが、便秘を解消する効果を感じることができませんでした。

ヨーグルトならなんでもよいかと言うと、そうではなかったんです。

その理由は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌のすべてが腸まで届くとは言えないからです。

 

さらに、自分の腸にいる菌との相性もあって、乳酸菌が自分の体と合わないと、そのまま排出されてしまいます。

腸まで届くと思っていたヨーグルト。

さらに、乳酸菌が便秘を解消すると思っていましたが、自分の体と合わない乳酸菌を摂取しても、便秘を解消ことにつながらないことがわかりました。

 

ヨーグルトに含まれている菌は、ビフィズス菌、ガセリ菌、ブルガリクス菌、アシドフィルス菌、サーモフィルス菌などがあります。

 

消化を促進して腸内の健康をサポートしてくれるヨーグルトを食べるなら、効果をアップさせる組み合わせがありました。

 

さらに効果をアップする組み合わせ

RitaE / Pixabay

 

 

乳酸菌は食物繊維と一緒に食べると効果がアップします。

たとえば、水溶性の食物繊維を含むキウイフルーツを食べると、腸内の便に水分を含みながら排便をうながします。

乳酸菌のヨーグルトとキウイの組み合わせや乳酸菌が含まれている食べ物を食べると効果がアップします。

乳酸菌を含む食品には、みそやしょうゆ、お酢、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズなどがあります。

 

これらの食品に、オリゴ糖を含む食品を一緒に食べると善玉菌を増やす効果があります。

ゴボウ、アスパラガス、タマネギ、トウモロコシ、にんにく、バナナなど

 

 

まとめ

 

乳酸菌のヨーグルトは、すべてが腸まで届くとは言えませんでした。

体に良いことは間違いないのですが、自分の菌との相性が合わないと、便秘を解消する効果が感じられないこともあることがわかりました。

便秘を解消する効果をアップさせるために、食物繊維と一緒に食べることや、オリゴ糖が含まれる食品を食べると

善玉菌を増やす効果もありますので、参考にしてみてください。

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

2018年8月27日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消食材のエシャレットの食べ方は?効果や1日の摂取量についても

便秘解消の食材は色々とありますが、今回は「エシャレット」を取り上げてみました。

エシャロットってあまり聞きなれないかもしれませんが、野菜なの?

エシャロットの効果や1日の摂取量についても調べてみたいと思います。

 

 

便秘解消食材のエシャレット

 

エシャレットって知っていますか?

あまり聞きなれない食材かもしれませんが、

ニンニクやらっきょうに近縁の西洋野菜です。

 

らっきょうを若いうちに収穫した物をエシャレットと言います。

生でも食べることができるんですね。

 

 

 

エシャレットがどんな物なのかわかったところで、どんな成分が便秘解消に効果があるのでしょうか?

エシャレットは、水溶性食物繊維を含む食材だということがわかりました。

便秘解消に効果なのは、食物繊維ですよね。

特に便が硬い人には、便をやわらかくする効果が期待できるのが、水溶性の食物繊維です。

 

エシャレットの水溶性の食物繊維が大腸に届き、水分を含ませながら排便につなげていきます。

 

1日に摂取する量や食べ方は

 

それでは、エシャレットを1日にどのくらい食べればいいかというと、1日に食べる量は8本です。

生でも食べられるエシャレットですが、便秘解消につながる水溶性食物繊維を1日に6gが効果につながるので、

これだけの量を食べる必要があるんですね。

 

エシャロットをみじん切りにして、餃子の種と混ぜて「エシャロット餃子」や酢味噌でそのまま食べる、

すりおろしてピザやパスタと合わせたり、油と一緒に摂取すると効果がアップするようです。

 

 

便秘解消効果は

 

実際にエシャレットを5日間続けたSさん。

2日目からさっそくお通じがありました。

酢味噌で食べたり、餃子、てんぷらにしたり、エシャレットを工夫して食べました。

 

なべや納豆、ベーコン巻きなど、料理は色々とありますので、参考にしてみてください。

エシャロット料理

 

 

まとめ

 

エシャレットは1キロ1.200円くらいで購入することができます。

生でも食べることができるエシャレットのことは、初めて知りましたが、便秘解消効果が期待できそうです。

50年来の便秘で悩んでいたSさんが、エシャレットを5日間実践したところ、2日目からお通じがありました。

便秘で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

薬に頼らないで便秘を解消する方についてもまとめています。

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

2018年8月26日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消は乳酸菌だけではダメ?効果をさらにアップさせるならコレ!

乳酸菌が便秘解消に効果があると知っている人は多いと思います。

乳酸菌というと、思い浮かぶのが「ヨーグルト」ですが、ヨーグルト食べても

便秘は改善されませんでした。

便秘改善の効果をアップさせるさせる秘密はコレ!

 

便秘解消は乳酸菌だけではダメ

便秘を解消する方法として、実践していたのがヨーグルトでした。

ヨーグルトを食べたり、きな粉を混ぜたり、飲むヨーグルトを飲んだりしていました。

ただ、ヨーグルトを食べるだけでは便秘は解消されませんでした。

なぜ?

 

ヨーグルトって、乳酸菌が腸内環境を整えるって言いますよね。

ですが、ほとんどの乳酸菌は腸まで届かないで死滅してしまうそうです。

さらに、自分の腸内にいる菌と合わないと、そのまま排泄されてしまうと知りました。

「ヨーグルトを食べても自分の体と合わないと効果がない」ということなんですね。

 

便秘解消や体に良いと言われて、ひたすらヨーグルトを食べていただけに、ショックでした。

確かに乳酸菌は体にいいですよね。

乳酸菌が分解されて乳酸にしてくれます。

 

腸内が酸性になることで、悪玉菌が増えることを抑えてくれます。

だから、乳酸菌を体に取り入れることが大切なんですね。

 

効果をさらにアップさせるなら

 

乳酸菌を含む食べ物は、ヨーグルトだけではありません。

納豆、チーズ、キムチ、発酵食品、みそ、しょうゆなどを普段から食べるようにすることも大切です。

そして、便秘解消をさらに効果アップさせるなら、食物繊維も摂取することが大切です。

短鎖脂肪酸を腸内で作ることが便秘解消の近道となるんです。

短鎖脂肪酸についてはこちらの記事で確認ください。

 

普段の食事では、意識して乳酸菌を含む食品を摂取することや食物繊維も一緒に摂取することが大切です。

腸内環境を整えて便秘解消につながります。

ただ、年とともに食事の量も減ってしまったり、なかなかバランスの良い食事も難しいといった時に、

乳酸菌を手軽に取りたいという悩みがありました。

 

そんな時に、見つけたサプリがあるんです。

短鎖脂肪酸(乳酸、酢酸、酪酸、吉草酸など)が主成分で、乳酸菌発酵エキスのサプリメントです。

 

こちらのサプリには、水溶性食物繊維も含まれていますので、乳酸菌と食物繊維を別々に摂るという面倒くさいこともありません。

さらに、女性にうれしい成分が含まれていて、トランスレスベラトロール ・アントシアニン ・天然はちみつ ・クエン酸などが含まれています。

そのサプリがこちらです⇒ 【善玉元気】

まとめ

自分の体験談ですが、ヨーグルトだけを食べても便秘は解消されませんでした。

ヨーグルトなどの乳酸菌に食物繊維を摂取することが大切だとわかりました。

年齢とともに、食事の量も減ってしまったので、手軽に乳酸菌が摂取できないかと思って、見つけたのが、

短鎖脂肪酸が含まれているサプリメントです。

参考にしてみてください。

 

手軽にサプリメントを摂取することで、便秘薬から解放されました。

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

2018年8月25日
から onakasukkiri
1件のコメント

短鎖脂肪酸を手軽摂れるサプリはこれ!善玉元気で腸内環境をスッキリ

便秘解消には、短鎖脂肪酸がいいということを知りました。

乳酸菌ではない、「乳酸菌発酵エキス」が入っている善玉元気は、便秘解消だけでなく、

肌荒れ・口臭・体臭・眼精疲労・老化をケアする成分までが入っているんです。

1つのサプリで手軽なので、腸内環境とのつながりについてまとめてみたいと思います。

 

 

便秘解消の方法

 

便秘解消をする方法として、便秘解消体操、ツボ、食事など、テレビで便秘を解消する方法はこれ!

と放送していれば、「玉ねぎヨーグルト」「オリーブオイル」「キウイ」などを試してみました。

一時的に効果があるものもあれば、自分と合わなくて挫折してしまったものもあります。

 

便秘になる原因が、水分不足、食物繊維、運動などが原因だとわかりました。

そして、食事も大切だということがわかったのです。

偏った食生活で、腸内環境に良いと言われている「ヨーグルト」を食べても効果がなく、

「なんで?」と思って調べました。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、ほとんどが胃で死滅してしまうこと。

自分の体に合わないと効果がない。

実際にヨーグルトを食べてみないと効果がわからないのです。

あんまり得意ではないヨーグルトも次第に食べなくなってしまいました。

 

テレビで放送されていた「玉ねぎヨーグルト」が便秘解消になぜいいかということを放送していました。

たまねぎの食物繊維である「イヌリン」が善玉菌を食べると

ヨーグルトの乳酸菌は、善玉菌を増やす働きをします。

ビフィズス菌が特にいいということで、自分が食べていたヨーグルトの菌は違っていたかもということ。

短鎖脂肪酸を作るということ。

 

そこで、この「短鎖脂肪酸」について調べてみました。

 

短鎖脂肪酸とは、大腸内で腸内細菌によって作られる酸(有機酸)の一種です。

短鎖脂肪酸を増やすことで、悪玉菌を減らすことができます。

そして腸内環境を整えて体も元気になるのです。

 

 

 

短鎖脂肪酸を作るには

 

今までは、テレビで「便秘解消によい」と言われることをしてきました。

ヨーグルトがいいと言えば、ヨーグルトを食べました。

きなこやごまがいいと言えば「ゴマきな粉」を買ってきて食べました。

ですが、短鎖脂肪酸を作るには「オリゴ糖や食物繊維を発酵させる」こと。

 

だから、ヨーグルトとたまねぎの組み合わせはとても相性がいいんです。

ただ、毎日50gを食べ続けるとなると、体に良いとわかっていても、自分にはできませんでした。

そこで、短鎖脂肪酸を手軽に摂れるサプリを見つけました。

 

 

短鎖脂肪酸を手軽摂れるサプリ

 

善玉元気イメージ写真

腸内環境を整えて、便秘を解消する方法の一つに「短鎖脂肪酸が含まれているサプリ」がありました。

色んな食材を摂取できればいいけれど、年齢とともに食事の量も減ってきているので、合理的に補うことができる

サプリメントは、ありがたいと思いました。

 

便秘を解消するサプリメントもこれだけの種類あれば、迷ってしまいますよね。

乳酸菌がいいかもしれないけど、どの乳酸菌を選べばよいかも悩んでいました。

 

そして見つけたのが、⇒ 【善玉元気】

NHKスペシャルでも話題となった短鎖脂肪酸(乳酸、酢酸、酪酸、吉草酸など)が主成分です。

決めてとなったのは、乳酸菌発酵エキス以外の配合成分 ・トランスレスベラトロール ・アントシアニン ・天然はちみつ ・水溶性食物繊維 ・クエン酸も含まれているということ。

 

腸内環境を整えながら便秘を解消してくれて、きれいになれる。

これが決めてでした^^

一つ一つの良い成分や食材を買ったら、結局は1か月でかなりの資金がかかります。

キウイにしても1日1個以上を食べると、200円としても6.000円かかるんですよね。

それも1種類だけの成分、それにオリーブオイルやヨーグルトやらと買うと、資金だけでなく、食べるのもけっこうつらいんです。

 

やっといいサプリメントを見つけてうれしくなりました。

 

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

 

まとめ

短鎖脂肪酸を手軽摂れるサプリを見つけました。

腸内環境を整えて、便秘を解消にも効果が期待できます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

2018年8月24日
から onakasukkiri
0件のコメント

便秘解消に玉ねぎヨーグルトがいい?レシピと口コミについて調査!

便秘を解消する方法に玉ねぎヨーグルトがよいのはなぜでしょうか??

玉ねぎヨーグルトのレシピや口コミについてもまとめてみたいと思います。

 

 

便秘解消に玉ねぎヨーグルトがいい

 

玉ねぎには便秘を解消する効果があります。

便秘には食繊維がいいと聞いたことがあるかもしれませんが、玉ねぎには、

腸内環境を良くする働きをしてくれる成分が含まれています。

その成分は、イヌリンという食物繊維です。

 

イヌリンは食物繊維の中では、水溶性の食物繊維になります。

水溶性の食物繊維の特徴としては、食品の水分を含みながら、便をやわらかくする特徴があります。

おなかがゴロゴロとするけれど、便は硬かったりする場合や腸を動かしたい場合は、不溶性食物繊維を摂取することが大切です。

 

逆におなかがゴロゴロと動かない場合は、不溶性の食物繊維を摂取することが大切です。

ヨーグルトの乳酸菌は、腸内細菌を活発にします。

 

内の細菌が玉ねぎのイヌリンを食べると腸の動きを活性化します。

それでは、玉ねぎヨーグルトの作り方を見てみましょう。

 

 

玉ねぎヨーグルトの作り方

 

玉ねぎヨーグルトの材料です。

ヨーグルト(無糖):200g

玉ねぎ:1/2個

塩:小さじ1/2

 

 

作り方

1. 玉ねぎを薄くスライスし、30分ほどおきます。

2. 1の玉ねぎとヨーグルト、塩を混ぜたら完成です。

 

1日に50gを目安に食べます。

蓋つきのタッパーなどに入れておき、2~3日で食べきるようにします。

 

 

口コミ

テレビ番組の中で、井上咲楽さんが玉ねぎヨーグルトに挑戦しました。

もともと便秘がちな体質だったのですが、便秘が解消されると、ダイエットにも成功しました。

 

https://twitter.com/menma50/status/1032503409813807104

 

まとめ

一度試したことがある、玉ねぎヨーグルトです。

腸内環境をよくするし、便秘が解消やダイエット効果もあるということで、やってみました。

ですが、続かない・・

最初は、がんばろうっておもうんですけどね。

毎日続けるのは、やっぱり大変です。

 

玉ねぎヨーグルトが続かなかった人は、こちらも参考にしてみてください。

薬に頼らないで便秘を解消する方法

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは