Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリおなかライフ

便秘薬の非刺激成分とは?お腹が痛くなりにくいかを調査

| 0件のコメント

便秘薬にある、非刺激成分とはどんな薬?

お腹が痛くなりにくいのでしょうか?

便秘薬の非刺激成分はクセになりにくいのかも調べてみました。

 

 

便秘薬の非刺激成分とは

 

便秘薬には、刺激成分と非刺激成分があるのはご存知でしょうか?

痛いか痛くないかだったら、痛くない便秘薬を選びたいと思うのですが、

非刺激成分と調べると、「酸化マグネシウム」と出てきます。

塩類下剤です。

薬効は、便秘、便秘に伴う症状の緩和(肌あれ、吹き出物、頭重、のぼせ、食欲不振(減退)、痔、腸内異常発酵、腹部膨満)

 

酸化マグネシウムは、お腹が痛くなりにくい、クセになりにくいとCMでも見たことがありませんか?

この酸化マグネシウムは、5歳から飲むことができる便秘薬なんです。

非刺激成分ということは、腸を刺激しないということです。

だから、お腹が痛くなりにくいんですね。

また、クセになりにくいと言われています。

ドラッグストアや通販などで買うことができるので、手軽に使用することができます。

 

また、病院でも処方される便秘薬としても多く使われています。

市販の酸化マグネシウムの飲み方を見ると、空腹時や就寝前に飲むと書いてありました。

一方、病院で処方された酸化マグネシウムの飲み方は、食後となっています。

以前、薬剤師さんに聞いたことがあるのですが、夜にまとめて2錠飲んでも大丈夫だそうです。

飲む量は、自分で減らしたり、様子をみて調整してくださいと言われました。

酸化マグネシウムを飲む時は、1~2杯のたっぷりの水を飲むようにします。

 

また、酸化マグネシウムは、便をやわらかくするものなので、硬い便が出る便秘の方には合うかもしれません。

ただ、刺激性の便秘薬になれてしまった方は、非刺激成分の酸化マグネシウムでは、効果を感じないかもしれません。

刺激をしないと腸が働いてくれないからです。

その場合は、いきなり切り替えるのではなく、刺激性の便秘薬を減らすことから始めるのがオススメです。

便秘薬の服用中に、他の便秘薬を飲むのはNGです。

 

 

お腹が痛くなりにくいか

 

酸化マグネシウムはお腹が痛くなりにくいと言われています。

私も病院でも処方されて飲んだ時は、お腹が痛いとかはありませんでした。

しかし、お腹が張る感じがするので相談しました。

お腹が痛くなりにくいとCMなどでも言っている通りなので、非刺激成分は腸をしげきしないので、

痛くなりにくいことはわかりました。

お腹が痛くなりにくいとしても、できれば薬には頼りたくないですよね。

薬に頼らないで便秘を解消する方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

 

 

コメントを残す

必須欄は * がついています