Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリおなかライフ

便秘解消に即効で効く薬ってある?刺激性の副作用についても

| 0件のコメント

便秘を解消するにはどうしていたのでしょうか?

3日以上出ない、または出てもスッキリしないのは便秘かもしれません。

便秘解消に即効で効く薬ってあるかを調べてみました。

 

便秘の状態

xusenru / Pixabay

 

 

便秘でつらい!

便秘とは、便が出ないことですが、一般的には3日以上出ていない状態や少量しか出ない場合のことをいいます。

お腹が張っている膨満感や腹痛、おならや便のにおいがきつい、コロコロ便も含みます。

 

自分が便秘だと思ったら、とにかくスッキリと出したいですよね。

即効性の便秘薬ってどんなものがあるのでしょうか?

 

 

便秘薬

便秘薬には刺激性と非刺激性があります。

お腹が痛くなりにくいか痛くなるかは知っておくと便利です。

 

浸透圧性下剤には、酸化マグネシウムがあります。

最近ではCMでも「お腹が痛くなりにくい」として知られています。

病院で処方される場合は、酸化マグネシウムとして処方されますが、商品名はマグミット、カマグとなっています。

硬い便をやわらかくする働きがあり、排便をうながします。

非刺激性で、お腹が痛くなりにくいという特徴があります。

ただ、腸管の動きを良くするものではありませんので、もともと便がやわらかいが出ない人には向きません。

 

腸の動きが悪い場合の便秘には、刺激性下剤というのがあります。

「お腹が痛くなる」のは、腸管を刺激するためです。

センナという成分を使った便秘薬が即効性があると言われています。

 

腸を刺激し、ぜん動運動を促すことで、スッキリした排便ができます。

プルゼニド錠、センノシド錠 、などがあります。

ただ、こちらの薬も長く使うと効果が薄れるという欠点があります。

腸を刺激することで、排便をうながすため、刺激されないと排便が困難になってしまうのです。

その結果、頑固な便秘を引き起こす可能性もあるのです。

 

 

刺激性の副作用について

 

長年便秘薬を飲んでいると、副作用も心配です。

なにより、長い間腸に負担をかけていることからも、便秘薬は一時的に使うのが理想です。

大腸粘膜が黒ずんだり腸管がマヒをして頑固な便秘になるという副作用も起こります。

腎機能が悪い人が酸化マグネシウムを長期に服用すれば、血液中のマグネシウムが上昇する可能性もあります。

 

腎臓に負担がかかることも注意しなければなりません。

安易に便秘薬を飲み続けるのはやめましょう。

私の場合は、酸化マグネシウムを服用していましたが、スッキリしない便でした。

 

お腹にためるのがよくないと病院で言われいたのですが、膨満感で気持ちが悪くなりました。

そんな時にであったのがこちらです。

薬を使用したくない人は参考にしてみてくださいね。

 

20年来の慢性便秘がスッキリ!薬に頼らない便秘解消法とは

コメントを残す

必須欄は * がついています