Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリおなかライフ

冷たい甘酒で便秘消解?効果的な飲み方があった!飲む量で逆効果にも

| 0件のコメント

甘酒の人気は続いているようですね。

最近では、夏でも甘酒がスーパーで販売されています。

いざ、買おうと思ったら、品薄なお店が多くて商品の選択肢がありませんでした。

冷たい甘酒で便秘解消はできるか?

また飲む量では、逆効果になってしまうようなので効果的な飲み方についても調べてみました。

 

冷たい甘酒で便秘消解

 

猛暑が続いていて、食欲も落ちています。

そんな時は、飲む点滴と言われている「冷たい甘酒」で乗り切ろうと甘酒を買ってきました。

食欲もないから便秘にもなるし、便秘消解に甘酒って効果があるのか調べてみました。

甘酒の健康効果については、栄養補給剤としても知っている人は多いと思いますが、便秘についてはその効果ってどうなの?

 

甘酒のタンパク質で、プロラミンという成分は食物繊維と同じような働きをすることがわかっています。

消化器官で消化、吸収されにくく、便秘改善効果だけではなく、コレステロールの排出を促す効果、肥満を抑制する効果もあると言います。

さらに甘酒の麹の酵素から、食物繊維とオリゴ糖が生まれ、善玉菌を増やして、腸内環境を整えることにもつながります。

 

甘酒の効果的な飲み方

Deedee86 / Pixabay

 

 

甘酒には、便秘を改善するだけでなく、肥満を抑制する効果もあるんだ!

それじゃあ、たくさん飲めば効果もアップするんじゃない?

そんな風に思ってしまいました。

 

ですが、飲む量によっては、逆効果にもなるというんです。

それは、「意外とカロリーが高い」んです。

コップ1杯200㏄で約160キロある甘酒、ごはんの量では、軽く茶碗1杯あるのです。

体に良くても1日、1杯を目安に飲みましょう。

そして、甘酒にはブドウ糖も含まれて、すばやく吸収します。

血糖値が高い方や糖尿病の方などは注意しましょう。

 

甘酒は便秘解消に良いと言われていますが、効果的な飲み方がありました。

「甘酒を冷やして飲む」とへんな甘さがスッキリとした甘さに感じられるんです!

さらに、豆乳をプラスすれば、同時にイソフラボンも摂取することが可能です。

そして、甘酒と好きなフルーツを一緒に食べれば、甘酒に足りないビタミンCを一緒に摂取することができますよ。

 

食欲がない朝に飲めばエネルギーを摂取することができます。

寝る前に飲めば疲労回復の効果が期待できます。

熱中症対策として、甘酒は効果が期待できますので、外出中の飲み物としてもオススメです。

 

 

 

まとめ

 

甘酒は便秘解消に効果があることがわかりました。

糖分とカロリーがけっこうあるので、飲みすぎや血糖値が高い人は注意しましょう。

効果的な飲み方は、朝や夜で違うので、自分の期待する効果によって飲み方を変えてみるといいかもしれません。

また、間食に飲めば、ダイエット効果もアップしそうですね。

参考にしてみてください。

 

コメントを残す

必須欄は * がついています