Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリおなかライフ

米ぬかのすごいパワーで便通改善!整腸効果とレシピを紹介

| 0件のコメント

お米を精米する時に捨ててしまう「米ぬか」に便通を改善するほどのすごいパワーがありました。

テレビで米ぬかについて栄養バランスが良いと言っていましたが、調べてみるとそれだけではなく、整腸効果もあることがわかったので、紹介したいと思います。

 

米ぬかのすごいパワーと便秘改善について

米ぬかって、お米を精米する時に捨ててしまうぬかのことですが、実はすごい効果があるってことを知りませんでした。

健康番組の中で、夏バテ予防に米ぬかが紹介されていました。

米ぬかはビタミンB群のバランスがいいんです。

食物繊維 ビタミンB1,ビタミンB6, ビタミンE , ミネラル,鉄,マグネシウム,マンガンが含まれています。
ビタミンは汗で流れてしまったり、ストレスなどでも消費するので、毎日摂取する必要があります。

ビタミンが不足すると、イライラや疲れ、口角炎、手足のしびれなどが起こります。

 

 

整腸効果とレシピ

 

米ぬかが整腸作用にどのような効果があるかというと、米ぬかには食物繊維が含まれています。

その量は、ほうれん草の10倍の食物繊維と言われています。

 

米ぬかに含まれるダイエタリー・ファイバーの効果で腸内環境を整えます。

便秘を改善することで、ダイエット効果も期待できますよ。

3か月後を楽しみにしたいですね。

実際に5~7キロ痩せたという声も聞かれました。

 

 

米ぬかの食べ方

米ぬかやいりぬかは食用の物を使います。

フライパンに入れて色が変わるくらい炒れば(2~3分)完成です。

冷蔵庫で1~2週間の保存ができます。

 

米ぬかを毎日摂取して、すぐに便秘が解消される方もいれば、3日くらいでお通じがよくなる人もいます。

途中で便秘になって、1か月後に改善される方と様々です。

米ぬかに副作用は、フィチン酸が関係しています。

毒物だけではなく、ミネラルとも結合して体外に排出してしまう食べ過ぎることで、必要な栄養まで排出してしまうようなので、ミネラルを含む食品を一緒に食べるなどして気を付けましょう。

 

ミネラルが含まれる食品としては、

焼きのり、納豆、わかめ、桜エビ、うるめいわし、切り干し大根、ほうれん草、きのこ類

など。

 

食べ方

 

料理に混ぜたり、牛乳や豆乳などに混ぜて飲んだりと、幅広く使えます。

ホットケーキに入れて食べればおやつとしても米ぬかを摂取することができます。

一回の食事に大さじ一杯程度を目安にして食べます。

 

レシピはこちらも参考にどうぞ。

米ぬかを使ったふりかけや田楽みそ、米ぬかきなこ豆乳などが紹介されています。

毎日、飽きずに続けることが大切です。

 

 

まとめ

米ぬかにはビタミンB群が豊富に含まれています。

それだけではなく、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消効果も期待できますよ。

体質によっては、途中でお通じの間隔が異なるようですので、注意が必要です。

 

米ぬかの1日の摂取量は、毎食、大さじ1杯が目安です。

3か月続けて行くと、ダイエット効果も期待できます。

便秘解消に米ぬかを試してみたくなりました。

コメントを残す

必須欄は * がついています